太陽光発電を上手に取り入れるための下準備

onsen_l東日本大震災以降、日本を二分して論じられているのがエネルギー政策です。震災以前は原子力発電がクリーンで安全なエネルギーと信じられていて、政府を注心に原子力発電を推進してきました。

しかし震災でわかったことは、原子力は安全でクリーンではなかったということです。そこで急激な脱原発の動きがおこり、全国の原子力発電所の稼働が止まったのですが、

その代理のものとして、当面は火力による発電に頼らなければなりませんでした。ちょうどそのタイミングで、原油自体の高騰と円安が重なり、日本の貿易収支が急激に悪化して、日本は貿易赤字国へと変貌しました。

このような問題を解決する為に、俄かに注目されているのが自然エネルギーを利用した発電です。とりわけ太陽光による発電は企業のみならず各家庭でも準備できる発電ですので、民間レベルで準備が進んでいるようです。太陽光発電を準備した家庭には行政から補助金が出ることもあるということです。

そして電力業者による電力の買い取りもシステム作りが進んでいます。太陽光による発電の欠点は曇りや雨の日、又、夜間なのですが、最近出てきたコンセプトにスマートハウスというものがあります。太陽光で得た電力を蓄電池に蓄えておき、必要な時に使用するというものです。これに電気自動車のバッテリーを組み合わせたシステムの開発も進んでいるようです。

このように、太陽光による発電の下準備は進んでいます。