未分類

student02_l teacher01_l

 

近年、太陽光発電が注目されています。自家発電による節電や、売電収入が大きな魅力と言えます。

 

太陽光システムを導入するにあたり、最大のネックとなるのが設置コストです。無駄なコストを如何に抑えるかが重要になります。

 

現在、ソーラーシステムの普及に伴い、業者間の競争も激化しています。顧客獲得のため、業者も様々な工夫をしています。
業者から提供される金額は、主に営業コスト、仕入れコスト、工事費、アフターサービスからなります。サービスの質を維持するために、ある程度の工事費やアフターサービスを保つ必要があります。したがって、営業コストや仕入れコストの削減が、安い設置費のポイントとなります。

 

営業コストの柱は、人件費や店舗のテナント費です。例えばネット販売を取り入れることで、大幅な削減が可能です。
仕入れコストは流通経路や仕入れ量に依存します。例えば大量仕入れ、直接仕入れにより、流通コストを削減できます。
より安い金額で設置するためには、様々な業者のサービス内容、価格を比較し、適切な業者を選ぶことが大切です。

 

同時に、設置費用の安さのみで評価することも非常に困難です。設置する自宅の屋根の形や寸法により、パネルの枚数や太陽光発電モジュールなど、設備は全てオーダーメイドのためです。例えば、狭い面積の屋根の場合、枚数が制限される分、モジュールによる発電効率を考慮する必要があります。最適なモジュールを選択することで、初期費用がかかっても、将来的には利益を期待することが出来ます。

student02_l

 

太陽光発電の導入に迷っている人に対して、業者が使うテクニックがいくつかあります。プロスペクト理論もその一つです。

 

人間は利益を得ることより、損失を被ることを避ける性質であることを利用しています。つまり、一枚買うともれなく10000円の罰金のあるくじAと、1枚買うと50%の確率で20000円の罰金、50%の確率で罰金免除のくじBという2種類のくじがあると、くじBを選ぶ人のほうが多くなるというのです。

 

実際は、くじAで10000円の罰金の方が堅実なのですが、損失を出来るだけ避けたいあまり、もしかしたらという可能性にかけてしまうのです。
太陽光発電システムの導入費用は、少なく見積もっても100万円以上はかかります。

 

しかし、販売業者は余剰電力の売電制度を利用すれば〇〇年で元が取れ、しかもその後は収入源となるという理屈で契約を勝ち取るのです。確かに理屈ではそうなのですが、天候に左右され思ったように発電できない可能性や装置の故障や劣化で、発電効率が低下することも本来なら考慮にいれるべきなのです。

 

業者の方も、天候や装置の劣化などの懸念すべきことはおそらく話しているはずですが、導入に迷っている人は、そういったことよりエコだとか売電制度など自分に利益になることばかりで頭がいっぱいになっているので、そこまで頭が働かないのです。

 

太陽光発電は次世代の再生可能エネルギーとして有効活用すべきですが、導入や設置にはやはり費用がかかります。導入目的が節約という人には、残念ながらお勧めできないのが実情です。

student01_l

 

最近テレビのCMや街中の広告等で太陽光発電というものをよく目にします。

 

これはソーラーパネルを設置して電気代を安く済ませたり、場合によっては発電した電気を買い取ってくれる事もあり収益に繋がる事もあるので大変優れたパネルと言えるでしょう。

 

そのパネルを購入検討されるにあたって注意しなければならない事がいくつかあります。

 

太陽光発電のパネル自体物が良く性能が優れていて信頼のできるメーカーが取り扱っていたとしても、それを販売する業者によっては値段も違いますし、言葉巧みに心理術を使い色々と売り付けてくる所がほとんどであります。

 

まず始めにパネルの料金や設置をする工事費用等が気になりますよね。

その見積もりなら無料で行いますと言いながらいつの間にか契約の話までなってしまい、他の業者と比較したかったのにと言う事にもなりかねません。

その見積から契約の話までのなかで使ってくる心理術に希少性の演出というものがあります。

 

これはモニター商法とも言われていて、モニター募集は今回限りですので、今契約していただかないともう二度とチャンスはありませんと言うように演出をし、契約するか否かの判断を狂わせてくるものです。冷静に見るとモニター募集はいつでも行っているので、急かされて後悔のないよう検討したいですね。

jyuken_l

 

近年、太陽光発電の普及は拡大を続けていますが、当然それに伴ってインターネットなどを中心に、各種情報も充実を見せています。

 

多くの太陽光発電業者の比較サイトや口コミ情報が充実し、悪質な訪問販売業者に対しての注意喚起も盛んに行われていますが、それにも関わらず悪質な業者と契約してしまうケースが後を絶たないのが現実です。

 

こういったことが起こってしまう背景には、顧客の冷静な判断力を惑わす、太陽光発電業者が使用する心理操作術があります。
悪質な業者は顧客の利益を無視し、あの手この手で契約を取ろうとしてきますが、そのひとつとして挙げられるのが、フット・イン・ザ・ドアと呼ばれる心理操作術です。

 

これはまず簡単な要求を行って相手に受け入れさせ、徐々に大きな要求に移っていくというもので、文字通りドアに足を入れ、交渉のきっかけを作ってしまうというテクニックです。

 

これは太陽光発電のような高額なものの販売の際には特に有効で、顧客にとってリスクの無い無料見積もりでのきっかけ作りから始まり、巧み且つ自然な話術で徐々に契約にこぎつけようとしてきます。

 

こうした心理操作術の厄介な点は、分かっていても引っかかってしまう恐れがあるということです。
決して突然の訪問販売業者に見積もりのきっかけを与えることなく、自分で選んだ業者に見積もりを依頼しましょう。”

daruma01_l

 

近年では、環境に優しい住宅設備への関心が高まっていますが、中でも右肩上がりに需要が拡大しているのが、太陽光発電システムです。
全世界的な課題となっている、エネルギー問題の解決策として注目されているのはもちろんですが、導入をサポートする国や自治体の施策の充実も、急速に普及が拡大している大きな理由として挙げられます。

 

とは言え、太陽光発電を快適且つ経済的に利用する為には、売電収入などの綿密な試算と、丁寧な施工が欠かせません。
その意味で最も重要となるのが業者選びですが、実際には悪質な販売業者と契約してしまい、トラブルとなってしまうケースも珍しくありません。
こうした事態が起こってしまう大きな理由は、業者が使う巧みな心理操作術にあります。

 

見積もりだけ、と言って警戒心を解いた上で、自然に即時契約へと話を持っていくテクニックや、実際には常時行っているキャンペーンを今だけ、残り僅かなどと煽って契約を急がせるなど、悪質な業者は様々な心理操作術を駆使して、契約を取ろうとしてくるものです。

 

万が一にもこのような業者と契約しない為には、見積もりだけなどと迫られても、絶対に話を聞かないことが確実です。
太陽光発電は、優良な業者を利用して確かな試算の上で導入すれば、大きなメリットが得られるシステムなので、間違いのない業者選びを心がけましょう。

a0002_004754

 

毎日暮らす家。
住宅関係の買い物は、特に気を使いたいところですよね。
長く付き合うためには、信頼できる企業を選びたいと思うのは当然のことです。

 

 

では、どうすれば良い住宅環境と企業に巡りあえるのでしょうか。

 

 

一番は会社が地元にあるか、ということです。
業者の評判が直に感じ取れるだけではなく、
その地域の気象や土地を知っているからこそできる施工や、アドバイスを聞くことができるからです。

 

 

すでに大企業の建設会社で家を建ててしまった、という場合も
下請けは地元の小さな建設会社という場合があるので、調べてみるのもひとつの手です。
直接下請けに連絡することで、ちょっとした修繕依頼でもすぐに対応してくれるでしょう。

 

 

地元の小さな会社は大きな企業に比べると、どうしても料金体系がやや割高になるデメリットがあります。
しかしながらすぐに対応してくれることを考えれば、その料金だと思えば良いのです。
それどころか馴染みのお客さんになれば、少しだけ安くしてもらえたり‥なんてことがあるかもしれません。

 

 

業者と密に連絡をとること。面倒くさいことに聞こえますが、いざという時に大変役に立つはずです。
向こう三軒両隣のおつきあいも大事ですが、業者とのおつきあいもしてみませんか。

a0001_013081

 

近年による電気代の上昇と、エコへのイメージから住居への太陽光発電の導入を検討されている方も多いと言われます。

 

TVのCMや、その他のメディアなども大きく取り上げられている事も影響していると言えます。

 

また、余剰電力の買取制度が始まり、家庭で作った電力を買ってもらえる仕組みは関心が寄せられる大きな要因とも言えます。
家庭での電気代の節約から、買取は経済的メリットがとても大きく、そしてエコを意識できる生活はとてもスマートです。
しかしながら、導入する前に注意も必要になります。

 

それは家庭で電気を発電していると安心し切らずに、なるべく電気を使わない生活をすることです。
太陽光発電が作り出す電気の量にも限度がありますし、設置の際にかかったコストも安くはありません。
節電を意識した、生活スタイルに帰ることこそが太陽光発電の恩恵を最大限に受けられるのです。

 

例えば昼間はなるべく外出したり、夫婦で共働きにするなどしてなるべく家にいないようにすれば効率的に電気を発電できます。
それが難しい環境であるならば、冷蔵庫や冷暖房機などの大型の家電を消費電力の少ないものへ買い換えるというのも、将来的にはとても経済的であり、効率が良いと言えます。

 

a0001_013026

 

太陽光発電を検討する際に必要な事は、施工業者選び、メーカーの信頼度、発電効率、価格、屋根に設置した時の荷重及び構造体への影響、耐久性、導入後の保証及びアフターサービスです。

 

まず、施工業者の選定につきましては、新築時、既存によって変わりますが、新築時や既存建物で住宅メーカーの保証期間内であれば、元施工である住宅メーカーに依頼する方がいいでしょう。他業者で行った場合に、住宅メーカーも建物の構造や雨漏り等で保証が出来なくなりますので、保証を解除される可能性があります。

 

太陽光発電に向いている家は、もちろん屋根が南に向いていて、南面に障害物が無くて日当たりがいい事です。屋根の面積が大きければそれだけ発電設備のセルを多く設置する事が出来ますので、発電量は多くなります。

 

発電設備の設置を検討する際には、施工業者に図面を提出し、メーカーを何社か指定すると、屋根の勾配や面積を考慮して、発電量や電力会社の買取金額、設備の耐久性を計算して、何年で元が取れるか提案をしてくれますので、費用対効果について検討ができます。

 

屋根の勾配についてはあまり気にせず、信頼できる施工業者選び、メーカー選び、建物の構造バランス、費用対効果を考慮することが、太陽光発電を導入する上で失敗しないためにも必要だと思います。

onsen02_l

 

自然エネルギーを利用しての発電で注目を集めているのが太陽光発電です。

 

そんな太陽光発電ですが、実際に自宅に設置したい、という方は事前に見積もりをしなければいけなく、その見積もり前に是非チェックしてほしい点が五つあります。

 

一つは希望通りのオーダーメイドかどうかです。
お金がかかっていますので、しつこいくらい何度も自分の希望に沿っているかをチェックします。
業者さんには嫌がられるかもしれませんが、数百万するものを設置するのですからここは欠かさずにします。

 

二つ目は影の影響をしっかりプランニングしているかどうかです。
大きな木やビルなどで太陽が遮られていないか、確認します。

 

三つ目はパワーコンディショナーの位置は大丈夫です。
パワコンには二通りあり、一つは屋外用、一つは屋内用です。
このパワコンは熱に弱いので、なるべく日陰のある場所に設置するようにします。

 

四つ目はクーリングオフの説明はあったかどうかです。
クーリングオフがきちんとしてないと困りますので、きちんとあるかどうか確認します。

 

五つ目はメーカー保証・販売業者の保証を確認します。
災害で壊れてしまった時、何かが原因で故障してしまった時の保証がきちんとされているか、確認します。
これら五つの事をきちんとしてくれている業者さんと契約するようにします。