フット・イン・ザ・ドア

jyuken_l

 

近年、太陽光発電の普及は拡大を続けていますが、当然それに伴ってインターネットなどを中心に、各種情報も充実を見せています。

 

多くの太陽光発電業者の比較サイトや口コミ情報が充実し、悪質な訪問販売業者に対しての注意喚起も盛んに行われていますが、それにも関わらず悪質な業者と契約してしまうケースが後を絶たないのが現実です。

 

こういったことが起こってしまう背景には、顧客の冷静な判断力を惑わす、太陽光発電業者が使用する心理操作術があります。
悪質な業者は顧客の利益を無視し、あの手この手で契約を取ろうとしてきますが、そのひとつとして挙げられるのが、フット・イン・ザ・ドアと呼ばれる心理操作術です。

 

これはまず簡単な要求を行って相手に受け入れさせ、徐々に大きな要求に移っていくというもので、文字通りドアに足を入れ、交渉のきっかけを作ってしまうというテクニックです。

 

これは太陽光発電のような高額なものの販売の際には特に有効で、顧客にとってリスクの無い無料見積もりでのきっかけ作りから始まり、巧み且つ自然な話術で徐々に契約にこぎつけようとしてきます。

 

こうした心理操作術の厄介な点は、分かっていても引っかかってしまう恐れがあるということです。
決して突然の訪問販売業者に見積もりのきっかけを与えることなく、自分で選んだ業者に見積もりを依頼しましょう。”