希少性の演出

student01_l

 

最近テレビのCMや街中の広告等で太陽光発電というものをよく目にします。

 

これはソーラーパネルを設置して電気代を安く済ませたり、場合によっては発電した電気を買い取ってくれる事もあり収益に繋がる事もあるので大変優れたパネルと言えるでしょう。

 

そのパネルを購入検討されるにあたって注意しなければならない事がいくつかあります。

 

太陽光発電のパネル自体物が良く性能が優れていて信頼のできるメーカーが取り扱っていたとしても、それを販売する業者によっては値段も違いますし、言葉巧みに心理術を使い色々と売り付けてくる所がほとんどであります。

 

まず始めにパネルの料金や設置をする工事費用等が気になりますよね。

その見積もりなら無料で行いますと言いながらいつの間にか契約の話までなってしまい、他の業者と比較したかったのにと言う事にもなりかねません。

その見積から契約の話までのなかで使ってくる心理術に希少性の演出というものがあります。

 

これはモニター商法とも言われていて、モニター募集は今回限りですので、今契約していただかないともう二度とチャンスはありませんと言うように演出をし、契約するか否かの判断を狂わせてくるものです。冷静に見るとモニター募集はいつでも行っているので、急かされて後悔のないよう検討したいですね。