安い金額で導入ができること

student02_l teacher01_l

 

近年、太陽光発電が注目されています。自家発電による節電や、売電収入が大きな魅力と言えます。

 

太陽光システムを導入するにあたり、最大のネックとなるのが設置コストです。無駄なコストを如何に抑えるかが重要になります。

 

現在、ソーラーシステムの普及に伴い、業者間の競争も激化しています。顧客獲得のため、業者も様々な工夫をしています。
業者から提供される金額は、主に営業コスト、仕入れコスト、工事費、アフターサービスからなります。サービスの質を維持するために、ある程度の工事費やアフターサービスを保つ必要があります。したがって、営業コストや仕入れコストの削減が、安い設置費のポイントとなります。

 

営業コストの柱は、人件費や店舗のテナント費です。例えばネット販売を取り入れることで、大幅な削減が可能です。
仕入れコストは流通経路や仕入れ量に依存します。例えば大量仕入れ、直接仕入れにより、流通コストを削減できます。
より安い金額で設置するためには、様々な業者のサービス内容、価格を比較し、適切な業者を選ぶことが大切です。

 

同時に、設置費用の安さのみで評価することも非常に困難です。設置する自宅の屋根の形や寸法により、パネルの枚数や太陽光発電モジュールなど、設備は全てオーダーメイドのためです。例えば、狭い面積の屋根の場合、枚数が制限される分、モジュールによる発電効率を考慮する必要があります。最適なモジュールを選択することで、初期費用がかかっても、将来的には利益を期待することが出来ます。